スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落し文

    落とし文のゆりかご (マッチ棒と比べて大きさが判ります)

 知人からこんな写真が携帯のメールで送られてきました。その方はこのブログでも時々登場しているお馬さんの飼い主さんです。

 昨日もエサの配達でお邪魔したら「最近ね、葉っぱがクルクルと巻かれたものが落ちているのよ。開けたら中に何かの卵みたいなものが入っていたよ。何なのかしらねぇ? 私は〔森からのお手紙〕って呼んでるんだけどね。」

 そう訊かれても、見たことも知識もない私は「ふ~ん、珍しそうですね。また見つけたら写メで送って。調べてみるから。」と言うしかありませんでした。

 職場で話題にしたら「知ってるよ。私は小学校の頃〔カラスの落し物〕って呼んでたわ。」とおっしゃる人もいた。ますます興味津々。そしたらこの写真が送られてきましたので、さっきの2つの呼び方や葉っぱクルクルを頼りに、インターネットで調べてみたら出てきました。

 名前は「オトシブミのゆりかご」とのこと。オトシブミとはこれをつくった虫の名前で「落し文」ということからきているようで、この巻かれた葉が「ゆりかご」だそうです。その正体は・・・・

    落とし文の主(ヒメオトシブミ) (インターネットから引用させてもらいました)

 それにしても器用なものですね。冬眠から目覚め5~6月頃に交尾したあと、このゆりかごを噛み切りながら巻き上げて、その中に産卵。最後にぶら下がっていた葉脈まで切ってゆりかごを落とすのだそうです。

 落とし文とは「直接言えないことを手紙に書いて、伝えたい人の近くの路上に落としておく文」のことで、平安時代から鎌倉時代には行なわれていたと書かれてありました。巻紙に書かれたその内容は、およそ恋心の告白ではなかったと想像します。ともあれ手紙ということで、写メを送ってくださった方の〔森からのお手紙〕という命名は、結構いい線行ってるってことでしょうね。

 ここまで書いて、さてこれで句をひとつ・・・と思って歳時記を開いたら、なんと載っていました。季語としてはやはり夏の季語で「落し文」「鶯の落し文」「時鳥の落し文」(角川書店刊俳句歳時記より)など。こんなことなら最初から歳時記を開いてみればよかったかも・・・。

今日の句と短歌
   「落し文誰を待つやら裏の山」
   「落し文ゆらゆら揺れるゆりかごの中に込めたる願ひよ叶へ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんちゃー (´ー`ノ

面白いですね♪
別の昆虫かと、思いましたがw  @ー@;
もぅ、ン十年もw 昔の記憶なので、私の頭に浮かんだモノの
名前も曖昧でっすw;  (;`・д・´)o

テレビ特集などで、たまにやってるのを見つけたらw
よく観てますね♪  @ー@;

子供の頃の記憶?なのかw 今も?なのかw
【ワクワク感♪】が、急上昇します♪  (o`ゝд・´)b

Re: こんちゃー (´ー`ノ

すいません!!様へ

本当に面白い。世の中には様々な生きる営みがなされているんだなぁと、感動です。
このオトシブミがゆりかごをつくるとき、まず葉脈を噛んで傷つけ葉をしんなりさせて巻きやすくしてから巻くのだそうです。
いったい誰に教わるのでしょうか?
教わらなくても生まれながらにして備わっている力=本能でしょうが、その本能はどこに隠れていて、どういう風に引き出されてくるのでしょう?
何にしても、命の営みに興味が尽きることはないようです。

No title

こんばんは。

何度も歳時記では見た事がある「落とし文」
今回初めて、写真で見ました。
どうもありがとうございます^^

でも、自然って不思議ですよね。
しかしこれを「落とし文」と名付けた我が日本人は素晴らしいですね。
情緒がありますもの。

Re: No title

せばすてぃあん様へ

本当にその名づけ方には日本人の感性が溢れていますよね。
また平安時代から鎌倉時代にかけての「落し文」そのものも奥ゆかしく情緒的ですね。

昔、小学校や中学校の玄関の下駄箱にこっそり手紙を・・・私自身はそんな経験はありませんけれども、少年期のうぶな心の有様も思い出されます。
プロフィール

hotahirox

Author:hotahirox
 いま58歳の男です。妻あり、子供3人はみな自立しています。
 信州安曇野に在住20年目です。もともとは瀬戸内海に面した今治の生まれと育ちですが、横浜や川崎で19年、その後自然や星の綺麗さにあこがれて妻の故郷に引っ越してきました。一昨年から長男一家が同居し、大人4人子ども2人コーギー1頭の暮らしです。
 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。