FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会の旅くろよんへ

ちひろびじゅつかん

そばやにて  ちひろびじゅつかん2  くろべかんこうほてる

じゃんたく  くろよんてんぼうだい  くろよん(クリック拡大)

 29日に友ら3人がやってきました。1年ぶりの再会です。さっそく近所の蕎麦屋に案内し、みんなで安曇野らしく蕎麦に舌鼓を打ちました。本当なら私が打って食べさせるなんて出来たらとも思いましたが・・・う~ん、それほどの自信もなく・・・やはり職人さんのお蕎麦は美味しかったです。

 安曇野には数え切れないほどの大小の美術館があります。食後には松川村の「安曇野ちひろ美術館」へ行きました。入館前に4人で写真を撮りましたが、自分たちの姿よりも、いわさきちひろさんの描いた絵のような素晴らしい青空の方が印象的でした。

 この日の宿は大町温泉郷の「黒部観光ホテル」でした。料理とお湯を堪能しつつ、この集いの重要な目的は雀卓を囲んで青春時代に還ること。例年通り頑張りました。結果は私hotahiroxの一人負けとさんざんの結果に終わりましたが、それもまた良し。昼食のお蕎麦を私がご馳走しようと思っていたのに、皆さんより「いやいや夜の麻雀でいただきますから・・・」と割勘。そのとおりの結果になっただけでしたから・・・なんて負け惜しみ??

 翌日はトロリーバスで黒四ダムへ。扇沢駅では土砂降りの雨となってしまいましたが、日頃の行いが良いせいかダムの上では雨は止み、久しぶりの荘厳な光景に目を奪われました。地元に住んでいる私ですが、こちらに引っ越してきてからは行ったことがありませんでした。もう30年以上も昔のこと結納を交わした私達家族がここを訪れて、関係者の方のご好意で一般の人が入れなかった真暗なトンネルを普通のガソリン車で、S字峡の方のまで連れて行ってくれたことなど思い出しました。

 来年は群馬県の万座温泉か法師温泉か辺りを会場に・・と話が決まって今回はお開き。地元とというこで私にとっては少々物足りない感じの今回の旅でしたが、結果としては友との再会だけでなく昔の自分との再会でもあって嬉しい旅でした。また来年を楽しみにして頑張ろうと思います。

今日の俳句と短歌
 「安曇野やちひろの描いたやうな空」
 「雀卓を囲む黄金週間へ」 
 「黒四や天地の狭間に残る雪」
 「黒四のこの売店に若き日の妻がバイトをしたることあり」
 「三十年前の思い出S字峡トンネル出口は断崖にあり」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

以前コチラで詠んだものか忘れましたが(汗


これから詠む句は、1人迷走中に出逢った現在の携帯上での友人たちを詠んだものですが、何処か近い感じがしたので、書きますね。




今日という良き日の出逢い朗らかに


湧水如しの友の笑顔と

Re: タイトルなし

すいません様へ

この歌は初めてみますよ、ご心配なく。

我等4人組、昭和53年以来の気心の知れた職場の仲間です。同じ学校の教員としては3~4年間でしたが、それぞれ転勤後も、また私が退職し信州に引っ越してからも、お付き合いを続けていられる仲間です。

お互い年をとりましたが、それだけに毎年の再会を心待ちにできる仲間となっています。できるだけ皆が健康であって「全員が定年退職したら1泊2日でなく2泊3日にしようね」と話し、この恒例の旅行が続けられるようにと願っています・・・友人が何よりの財産です。

No title

うわ~!
いいですね~!
久々の仲間との旅e-266
楽しそうです!

そばうちってなかなか力がいる作業なんですってね?!
筋肉痛にはご注意くださいませ!

Re: No title

きよぷ~様へ
旅は道連れ世は情け・・・良いものです。
私のそば打ちは他人様に自慢はまったく出来ません。まったくの自己満足の世界です。
毎日やって上達すると筋肉痛もないのでしょうが、たまにだとねー・・・。
プロフィール

hotahirox

Author:hotahirox
 いま58歳の男です。妻あり、子供3人はみな自立しています。
 信州安曇野に在住20年目です。もともとは瀬戸内海に面した今治の生まれと育ちですが、横浜や川崎で19年、その後自然や星の綺麗さにあこがれて妻の故郷に引っ越してきました。一昨年から長男一家が同居し、大人4人子ども2人コーギー1頭の暮らしです。
 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。