スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺跡発掘?

りんくうのいせきはっくつ

 松本市今井の飛行場の近くです。臨空工業団地という信号の西側でもともとは畑だったと思いますが、少し前からここを通る度に「何をしているのか?何か建設するのかな?」と思いつつ見ていました。それが今日「ああ遺跡の発掘か!!」と気づきました。(ただし確証はありませんが)

 この現場についてインターネットで調べてみましたが、現在進行形のこの遺跡については?でした。でもこの地域には、結構たくさんの遺跡があることを知りました。「今井北耕地」「古池原」「今井上新田」「こぶし畑」「今井弥生坂上」「今井矢はぎ」「野口新田」「南耕地」「下新田」「今井新田原」「上今井」「境窪」「川西開田」・・・などなど。縄文時代の土杭、溝、土器や石器から近世のものまで出土しているようです。今回の発掘では何が見つかるのでしょうか?

 縄文時代は今から1万2千年も前の時代。マンモスやナウマンゾウを追っかけていた旧石器時代のあと、磨製石器や縄文土器が作られ、弓矢が登場し新しい狩猟の形が出来、住むところも竪穴住居へと発展していった時代でありました。とはいえその文化発展のスピードはゆっくりしたもので、鉄が使われたり稲作などの農耕文化になった弥生時代になるまで約1万年間も続いたと習いました。

 急ぎに急いでスピードと効率化と無駄を省くことによって作られてきた現代文明でありますが、いま東日本大震災もさることながら、2次的震災である原発損壊と放射能汚染に振り回されている現代日本の有様は、もし縄文人が生きていたなら彼らの目にどのように映るのでしょうか?

 今日も不安定な梅雨空が続き、曇り、雨、晴れ、ムシムシとした30度越えの熱気、夜には雷雨・・・。東北地方の被災者の方々にこの暑さがとても酷な仕打ちのように思えてなりません。私もトラックを運転しながら、絶対にクーラーのスイッチは入れないぞと、窓を開けて走っています。

今日の俳句
 「油照り這いつくばつて遺跡掘る」
 「夕立やSP盤の針の音」
 「偲ぶ人ありて真白き四葩かな」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hotahirox

Author:hotahirox
 いま58歳の男です。妻あり、子供3人はみな自立しています。
 信州安曇野に在住20年目です。もともとは瀬戸内海に面した今治の生まれと育ちですが、横浜や川崎で19年、その後自然や星の綺麗さにあこがれて妻の故郷に引っ越してきました。一昨年から長男一家が同居し、大人4人子ども2人コーギー1頭の暮らしです。
 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。