FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲の花

いねのはな

 もう随分前のテレビニュースで「宮崎県では早生の稲の刈り取りが始まりました」と伝えていました。ここ安曇野では、多くの田んぼで稲穂が垂れてきています。我が家の近所の遅く植えたところでは、やっと稲穂が直立して小さな白い花が咲いていました。

 角川の俳句歳時記を見ましたら、「この花がまもなく受粉する。開花期に好天に恵まれると豊作が期待できる」とありました。稲の花の受粉は、こうやって蝶々がとまっているところをみると、虫が助けてくれるのでしょうか? でもこれだけの米粒にひとつひとつ花が咲くとしたら、花の数はいったいどれだけになるのでしょう。きつと虫が手助けなんて不可能ではないでしょうか。

 そう思いつつインターネットでイネの花の咲き方を調べたら、一つ一つの花はたった2時間しか咲いていないらしく、この写真の状態は咲いた後の状態みたいです。もう受粉は咲いている2時間の間に終わっているに違いありません。そういえば稲の花のアレルギーもあると聞きました。ということは、自然にオシベから風に乗って花粉が飛び立つのでしょう。だとすれば「好天に恵まれると豊作」というのも納得です。

 盆休み明けの今日は、もう直ぐ出荷が始まるブドウの箱などの資材配達でした。ダレ切った体は、暑さに耐えられず、汗もダラダラと・・・・。でも、もうじき収穫の季節です。がんばりましょう。

今日の俳句
 「米粒の数だけ咲けり稲の花」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

hotahirox

Author:hotahirox
 いま58歳の男です。妻あり、子供3人はみな自立しています。
 信州安曇野に在住20年目です。もともとは瀬戸内海に面した今治の生まれと育ちですが、横浜や川崎で19年、その後自然や星の綺麗さにあこがれて妻の故郷に引っ越してきました。一昨年から長男一家が同居し、大人4人子ども2人コーギー1頭の暮らしです。
 
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。